ページビューは死んだ!がついに現実に・・・?(Nielsen//NetRatingsの決断)

Tweet 各所で話題ですが、Nielsen//NetRatingsがページビューに基づくランキングを廃止する方向らしいです。かわりにサイトの滞在時間を主要な指標として採用するのだとか。 この動きはウィジェット(貼り付け方のコンテンツ)、Ajaxの普及を受けて、ということらしいです。たしかに「Google Mapsを一回ドラッグしたら1ページビュー?」など、ページビューの概念には適当な部分(=各サイトまかせ)が多かったですからね。 すぐにページビューが無意味になる、というわけではないでしょうが、業界大手のNielsen//NetRatingsのこの動きはじわじわと影響してくるのかもしれませんね。 広告収入も大事ですが、指標に惑わされずに、読者やユーザー、顧客にとって価値のあるウェブ作りをしていきたいですね。 Read/Write Webからの情報でした。 » Tyranny of the Page View Nearly Over?

中国のあぶない製品一覧

Tweet昨今、○○入り製品が話題になっている中国ですが、そのまとめがありました・・・詳しくはとりあげませんが、今年だけでもこんなに・・・月を経るごとにそうしたニュースが増えていっているのもちょっと、という感じですね。 ↑ 現在確認されているだけで今年の1月から66件。 中国人のすべてが悪いわけではないと思いますが、ちょっとよく考えてもらいたいところですね。同時に自分であぶないものには近寄らないという注意が必要かもしれません。 詳細なリストは以下をどうぞ。ちなみにこのリストは定期的に更新されるそうです。年末にもう一度見たいような見たくないような・・・。 » Dangerous Made-In-China Products: 2007 Timeline

テトリスをプレイしながらdiggのストーリーを読める『DIGGTRIS』

Tweetちゃんと情報収集しなくちゃいけないけど、どうにもやる気が出ない・・・というときにおすすめ(?)なのが「DIGGTRIS」。なんとDiggのストーリーを使ったテトリスです。 ↑ Diggがテトリスになりましたw。 ブロックの色は分野、大きさはDiggされている数を表しています。また記事のタイトルも横に表示されます。Diggされた数でフォントの大きさが変わっているので人気記事が一目でわかっていいですね。 ぼーっとテトリスをプレイしながら、「お、このブロック大きいな!」とか「この記事のタイトル気になる」といったときに気の向くまま記事を読んでみてはいかがでしょうか。 日々のルーチンワークをちょっとだけ楽しくしてくれるサービスですね。 » diggtris

酔っ払いに至るまでの5段階

Tweet 酔っ払いへ至るまでに5段階について興味深い記事が・・・納得してしまう人も多いのでは。呑むときは自分もそうですが、周りの人にも気分良く呑んでもらいたいものですよね。 自分はきちんとマナーを守っているかのチェックリストにも・・・使えるでしょうかね!?詳しくは以下からどうぞ。

世界のとっても奇妙なスポーツ10選

Tweet Oddeeにて「10 Most Bizarre Sports」が紹介されていたので勢いで超訳。それってスポーツ?と首をかしげてしまうものから、どうやったらそんなことを思いついたのか不思議でしょうがないスポーツまでいろいろです。世界は広い。 詳しくは以下からどうぞ。

HTMLメールに使えるテンプレート30選

Tweetネットショップではすでに常識となりつつあるHTMLメール。ウェブサイトのテンプレートはよくありますが、ありそうでなかったHTMLメール用テンプレートが紹介されていました。 スタイルシートも含めた1つのファイルになっていて使いやすいかもしれませんね。そろそろHTMLメールに挑戦、という方は覗いてみてはいかがでしょうか。 GmailやOutlook、Yahoo! Mailなどですでにテストされているので安心ですね。全部で30個あります。まとめてダウンロードもできますよ。 » 30 free HTML email templates – Campaign Monitor

スクロールバー+タブ?新しいインターフェース『Scrolltabs』って何だ?

Tweet Worrydreamのサイトで新しいインターフェースの提案がされていました。その名も「Scrolltabs」。スクロールバーとタブを一緒にしたものです。 スクロールバーもタブも便利ではありますが、一般的にスクロールバーは右横に、そしてタブは上部に配置されています。 それよりもスクロールバーとタブを横に一緒に並べて上下のマウスの動きだけで操作した方がよいのでは、という発想から生まれています。 詳しい使い方を以下にご紹介。

ある日、ノートPCを忘れたら・・・。

Tweet Cambrian Houseのブログで「I forgot my laptop at home and had the most productive day ever」なる記事が紹介されていました。 ちょっと共感したのでいきおいで翻訳。 以下からどうぞ。

自分をアバターとして見ることができる奇妙なデバイス『Avatar Machine』

Tweetなんとも奇妙なデバイスのご紹介。 Avatar Machineを装着すれば、現実の世界をあたかもオンラインゲームの世界のように見ることができます。その秘密は「三人称視点」。あたかも自分がアバターのように世界が見える、という仕組みです。 つまるところ、自分を後方から映した映像を見ることができるという機械なのですが、確かにゲームをしているような感覚になりますね。 ↑ こうした視点が得られます。なんというか・・・ノーコメントw。 ↑ 仕組みはこんな感じ。ちょっと大がかりですね。 発明したチームによると「オンライゲームの視点を与えることによって、コミュニティに対する責任を自覚することができ、ゲームの中のように常識的な行動をとれるようになる」とのことですが・・・。確かにゲームの中では人は親切になったりするからそうかもしれませんね(多分)。ただその前にこのカメラが迷惑なような・・・。 このプロジェクトのページは以下からどうぞ。ぜひ動画をご覧になってみてください。 » Avator Machine あわせてこちらもどうぞ。 » とってもリアルなセカンドライフの映像・・・w