覚えておきたいちょっと計算を速くするための小技10

Tweet これは便利そう。ちょっとした計算を早くするための小技です。全部で10個あります。全てマスターすればかなり「頭がよく見える」かも? 瞬時に数字を11倍する方法だとか、すぐに5倍する方法だとか。ビジネスシーンで使えればかなり有効ではないかと思います。 詳しくは以下からどうぞ。

仕事が出来ない人の7つの習慣

Tweet ベストセラーの「7つの習慣」をもじった反面教師的記事をご紹介。「7 Habits of Highly Ineffective People」なる主張です。 たしかにこういう部下や同僚がいたらイラっと来てしまうかも・・・と思う前にまずは自分がひっかかっていないかチェックですね・・・。 多少耳が痛いですが、「仕事がデキル奴!」になるために参考にしてもよさそうです。詳しくは以下からどうぞ。

フォトショップのあまり知られていないショートカット30

Tweetこれはメモしておかなくては・・・フォトショップで使える、あまり知られていないショートカットキーのまとめです。 テキストのフォントサイズをドラッグで変えたり、レイヤーグループを一発で全部開いたり、指定したレイヤー以外を全部非表示にしたり、とちょっとした小技が満載です。 ↑ スクリーンショット付でわかりやすい説明になっています。 全部で30個ありますね。あなたはいくつ知っているでしょうか?詳細は以下のサイトよりどうぞ。 » Photoshop Secret Shortcuts

自分の成長に必要な12の学習分野

Tweet 何度も参照することが多くなってきたのでメモ的にエントリー。Personal DevelopmentブログのStevePavlina.comでカバーしている12の分野がちょっと参考になります。 詳しくは以下からどうぞ。

無我の境地に到達するための11の方法

Tweet テニスが上手くなる方ではなくて、平常心という意味での無我の境地を手に入れる11の方法が紹介されていました。 効き目は個々人で違うでしょうが、なにかとやきもきすることが多い方は試してみてはいかがでしょうか。自分にあった方法を常に模索していきたいですね。 いつもどおり勢いで翻訳してみます。詳しくは以下をどうぞ。

あなたがいますぐやめるべき9つの習慣

Tweet 海外でベストセラーの「4 Hour Work Week」の著者のブログで興味深い記事が。あなたがいますぐやめるべき習慣が9つあげられています。個々人の生活にあわせるべきではありますが、「To Doリスト」だけでなく、「Not To Doリスト」も充実させて集中して作業したいところですよね。 詳しくは以下からどうぞ。

あまり着ない服を簡単に見分ける方法

Tweet あぁ、なるほど、と思ったのでこちらのライフハックをご紹介。 クローゼットの中に服がありすぎて・・・でもどれを捨てればいいのかわからない、というときのための小技です。 手順は以下の通り。 ハンガーの向きを一定をします(普通そうなっていると思いますが)。 6ヶ月後のカレンダーに「クローゼットを見直す」というリマインダーをセットします。 その後普通に生活しますが、着た服を戻すときにはハンガーの表裏の向きを逆にします。 6ヵ月後にクローゼットを見直して、ハンガーの向きがもとのままの服を捨てます。 ハンガーの表裏がわかるものでないとできない技ですが、ほとんど何も考えずに分別できる点がよいですね(かな?)。 ちょっとしたことですが、普段の生活をすっきりさせるためのこうした技は自分で編み出していきたいですね。 » Peter Walsh’s clever hanger trick | 43 Folders

アナログ腕時計で方角を知る方法

Tweetこれは有名な方法ですが、覚えていないと意味がないので、自分の記憶の定着化を助けるために書いてみます。 腕時計で方角を知る方法です。 時計の12時が左側に来るように手に持ちます。 短針を太陽に向けます。 12時と短針がさしているちょうど間が南です。 ↑ 図だとこのような感じ。 この方法が必要な場面に出くわしたくはないですが、いざというときに知っておくと便利ですね。Lifehackerからの情報でした。 » Directions: Use your wristwatch as a compass – Lifehacker

パソコンについて質問してくる人へのオープンレター

Tweet 個人的に興味深い記事が・・・。「An Open Letter to Anyone Asking Me For Computer Help」なる記事です。 コンピュータに詳しいんでしょ?と聞かれるのはいいのですが・・・次のようなことを最低でも知っておいてね、というポイントを紹介しています。 個人的にもよくパソコンについて質問を受けるので共感できる内容でした。きっと同じように考える人も多いのでは・・・。 詳しくは以下からどうぞ。