年末年始の工作に最適?1万円以下で3Dスキャナーを作っちゃう方法


sca.gif
なんとも簡単に3Dスキャナーを作る方法が紹介されていました。3Dスキャナーというと高価な業務用の機械を思い浮かべますが、この方法だと自宅でも簡単にできそうです。冬休みに試されてみてはいかがでしょうか。
必要なのはPC、Webカメラ、背景に使うボード(製作方法は後述)、レーザー、そして「DAVID」と呼ばれる無料ソフトです。
レーザーは安いものならば1万円以下で買えます。また「DAVID」は下記のサイトから無料でダウンロードできます。作り方も下記サイトで紹介されています。
» Institut für Robotik & Prozessinformatik
開発したのは、ドイツのコンピューターサイエンスの教授とのことです。
詳しくは下記でご説明。


image_calib_corner3.jpg
↑ まずは背景用ボードを作ります。この黒い点が重要です。サイトからテンプレートがダウンロードできます。
pic3.jpg
↑この背景の黒点の位置から立体構造を解析します。慎重に作りましょう。
scanning2.jpg
↑ 次におもむろにレーザーを照射、それをカメラが捉えます。
sj3.jpg
↑ スキャン中。このあいだは部屋を真っ暗にする必要があります。
scan52.gif
↑ 5秒から10秒程度でスキャン結果が画面に描写されます。PCで画面を見ながらスキャンされていない部分にレーザーを当てていきましょう。
screenshot_scanning_3d_fron.gif
↑ できあがりを3Dで見た場合。ズームや回転もできますよ。
自宅でこんな簡単に3Dスキャンができるとは驚きの時代になりました。これを使ってSecondLife用にやたら立派なオブジェを作ったり、なんてこともできそうです。
年末年始に特に予定はないなぁ・・・なんて方は試されてみてはいかがでしょうか。
» Institut für Robotik & Prozessinformatik

5 Comments

  1. お手軽3次元スキャナ – まずレーザー水準器を自作

     高校時代の友人のブログから辿って、 お手軽に3Dスキャナを作る方法が紹介されているpoppop様のページを見つけました。  とりあえず必要な物はPCとP…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *