もっとも笑える25のアナロジー(比喩)


ARNlSQOALQ.jpg
アナロジー(比喩)というのは小説に欠かせないものです。同時に、人に何かを伝える時にもアナロジーを上手く使えば、伝えやすくなります。
例えば、こんがらがったプログラミングのコードを「スパゲティ」と呼ぶのも、アナロジーの一種ですね。
今回のこの記事では、「もっとも笑える25のアナロジー」を紹介しています。アメリカの高校の国語の先生が集めた話らしいですよ。いくつかご紹介。
» The 25 Funniest Analogies (Collected by High School English Teachers) Writing English

  • 彼女は彼に寄生して育った。まるで、カナダ牛の大腸菌のように。
  • 彼の背の高さは、192cmの木ほどの高さだ。
  • 30年間の結婚が妻の不貞により終わった時、彼が感じたショックは、今まで無料だったATMが急に手数料を取り始めた時に味わうショックほどだった。
  • 彼の語彙はひどい。まるで、なんか、何かしらのように。
  • 彼の考えは、頭の中でこんがらがり、作っては壊し、壊しては作ってを繰り返していた。まるで、静電気防止剤を入れずにパンツにドライヤーをかけているように。
  • フクロウが突然屋根裏から出てきた。それは気持ち悪いものだった。シュルレアリスム的で、まるで、あなたが休暇で地方に行っている時に、いつも7時半から始まるテレビ番組が7時から始まったような奇妙さだった。
  • 彼女の髪は雨の中で輝いていた。まるで、鼻をかんだ後の鼻毛のように。
  • 銃声が鳴り響いた。まるで、そうするのが習慣のように。
  • 計画はシンプルだった。まるで、義兄のように。でも、義兄と違って上手くいく計画だけれど。
  • 若い闘士は、飢えた目をしていた。まるで、しばらく何も食べていないかのような。
  • バレリーナは優雅に立ち、スレンダーな足を後ろに伸ばした。まるで消火栓の前の犬のように。
  • それはアメリカの伝統だよ。父親ってのが、日曜大工機器を持ちながら子供を追いかけるのと同じで。
  • 彼は深い恋に落ちてしまった。彼女が喋った時に、彼はベルが鳴るのを聞いたと思った。まるで、彼女がゴミ回収に来ているゴミ回収車のようだとさえ思った(注:ゴミ回収者は回収時にベルを鳴らします)。

よく出来たアナロジーを沢山知っておくと、語彙が豊富になるだけでなくウィットも増えるかも知れませんね。

2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *