どのアプリがどのぐらい使われているかを自動で解析してくれる『RescueTime』をレビューしてみる

SPONSORED LINK


rescue_top.gif
先日からベータテスターを募集していたRescueTimeですが、招待状が届いたので早速インストール&試用してみました。
RescueTimeは自分がどのアプリをどれぐらい使っているのかを自動で計測してくれるツールです。しかもどのサイトを見ていたかまでわかったり、自分でタグをつけて好きなように管理することも可能です。
自分がどういう風に作業をしているのかがわかってなかなか楽しいツールです。まだ使い始めて2日目ですが、以下にレビューしてみます。


rescue_1.gif
↑ 招待状をもらってユーザー登録したらまずは専用ツールをダウンロード。Windows用とマック用があります。
rescue_1-5.gif
↑ あとはデータがある程度たまるまでほっておくだけ。その間はタスクバーで常駐しています。
rescue_2.gif
↑ ある程度データがたまったところ。VLCメディアプレイヤーでYouTube映像を見ていたのがモロばれですねw。
rescue_3.gif
↑ 自分でタグとつけることで好きなように管理も出来ます。
まだデータの取得、計測程度の機能しかありませんが、作業時間の目標設定(SNSを10時間以上見たら注意してくれるとか)や、他のユーザーと比べてどうなのか、といった機能も提供してくれる予定です。こうした機能が実現すれば自分の作業効率を向上させるツールとして手放せなくなりそうですね。
今のところ招待制なのですぐに使えるわけではありませんが、興味のある人はベータテスターに登録しておくと良いかもしれませんよ。
» RescueTime

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.