本を効率的に読むためのフレームワーク『SQ3R』とは?

SPONSORED LINK


book_top.gif
読書の仕方は十人十色ではありますが、「せっかく読む本なので、そこから最大限得られるものを得たい!」という方も多いでしょう。
そこで参考になりそうなのがSQ3Rというフレームワーク。いわゆるアクティブリーディングなどで使われる5つのステップです。
こうした手法は個々人によって効果がまちまちだと思いますが、知っているのと知らないのとでは大きな違いです。興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。
5つのステップの詳細は以下のとおり。

  • Survey(調査)
  • まずはざっと本を流し読みします。自分が得たい情報がそこにあるかの判断をしてみましょう。もし役に立ちそうにない本だったらこの段階で読むのをやめて次の本に移りましょう。

  • Question(質問)
  • ざっと本を流し読んだあとは自分が何をこの本から得たいのか、具体的な質問をノートに書いてみましょう。

  • Read(読書)
  • ここでようやく読み始めます。さきほど考えた質問に関係ありそうなところはじっくり読むようにしましょう。

  • Recall(回想)
  • 読み終わったあとに本に何が書いてあったか、あたまの中でポイントを思い出してみましょう。必要だったら数回行ってもかまいません。

  • Review(まとめ)
  • ここまで来たらもう一度足りない情報がないかもう一度必要な部分を読み返したり、ノートをとったりしましょう。また友人と議論したり、他の人に内容を教えるのも良いでしょう。

つまるところ、目的意識をはっきり持って読書をしましょう、というススメですね(ちょっと簡単に言いすぎか・・・)。もちろん小説などには応用できそうもないですが、仕事で業界知識や専門知識を蓄積するには効果的かもしれませんね。
多少意訳したので元記事は以下からどうぞ。
» Mind Tools – SQ3R – Reading Retention Strategies  Mind Tools

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. アカデミックな知識を習得するにも
    ファイナンシャル・インテリジェンスを学ぶにも
    時間が限られているので
    速読を身に着けると役に立つのかもしれません。

  1. No trackbacks yet.