同僚のおしゃべりに付き合わない技術

SPONSORED LINK


chat_top.gif
仕事がしたいのに話し好きな同僚が来てしまって「さぁ、大変・・・」というシーンはよくありますね。
そうしたときに使えそうなちょっとした小技がProductivity501にて紹介されていました。「同僚のおしゃべりに付き合わない技術」です。
どれも無理なく使えそうです。全部で5つほどあります。
詳細は以下からどうぞ。

  1. 座る場所を与えない
  2. 相手が座ってしまうと長居されてしまいます。椅子やちょっと座れそうな場所には書類を常に置き、座れないようにしましょう。

  3. まずは立ち上がる
  4. 立っていた方が話が短くなりますね。

  5. 一緒に歩く
  6. 話したくない人が来たら立ち上がってその人の方に歩いていきましょう。そしてコンビニやトイレまで一緒に歩いていけば話も短くなりますよ。

  7. 椅子の足を削る
  8. わざと椅子の足を削って不安定にし、そこに座らせましょう。うまく座れないので相手はすぐに帰ってくれますよ。

  9. メモをとる
  10. 相手が話したことをメモするようにすれば相手は噂話やゴシップの類の話ができなくなりますよ。

「今日も雑談で終わってしまった・・・」といったことがないようにおしゃべりのしすぎに気をつけたいですね。
なお、いつもどおり多少意訳しました。元記事は以下からどうぞ。
» People Who Come to Distract You at Productivity501

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. セキュリティソフト

    インターネットをするのであれば、セキュリティに気を佅

  1. No trackbacks yet.