ビジネスブログには『ヒーロー』が必要だ!

SPONSORED LINK


hero_top.gif
ブログの書き方について示唆にあふれるエントリーが豊富なCopyBloggerにて興味深い記事があったので勢いで翻訳してみます。
企業の究極的な目的は売り込みですが、売り込み感たっぷりでは読者はそっぽを向いてしまいます。読者に商品の価値をわかってもらうように書くためにはどうしたらいいでしょうか。
シンプルなステップで紹介されているので応用しやすいのではないでしょうか。詳細は以下からどうぞ。


■ 何をすべきではないか?
まず絶対にやってはいけないことを復習しておきます。ビジネスブログで絶対にやってはいけないのは「自社の商品を褒め称えること」です。これは「ザ・売り込み」といった具合に受け取られてしまいます。自社のことよりも読者(=潜在顧客)のメリットをまずは考えるようにしましょう。
■ やるべきこと(初級編)
では何をビジネスブログに掲載すべきでしょうか。まず掲載すべきは「顧客の声」と「メディア掲載実績」です。自社ではなく、他の人に語ってもらうことによって信頼性を高めるのです。
ただ、もっと信頼性を高めるための書き方があります。それが次に紹介する「ヒーロー・ストーリー」です。
■ ヒーロー・ストーリー(上級編)
単に顧客の声を載せるだけでは読み物として不十分です。そこで次の手順でヒーロー・ストーリーを作っていきましょう。

  1. まず、このストーリーはあなたの会社についてではありません。
  2. このストーリーはあなたの顧客についてのもので、その顧客がどう問題を解決したかの物語なのです。
  3. まず最初にあなたの顧客を紹介しましょう。彼がこの物語のヒーローです。
  4. 次にそのヒーローが抱えている問題を紹介します。
  5. そのヒーローはどう問題を解決したでしょうか。そのプロセスを紹介します。
  6. その問題解決においてヒーローは何を学んだでしょうか。
  7. またその問題が解決されたことによって、どのような望ましい結果が得られたでしょうか。

もちろんこのストーリーにはあなたの会社や商品が出てくるでしょう。しかしあくまでも「エキストラ」であり、主役ではありません。
またここで重要なのは必要以上にエキストラを強調することでもありません。重要なのは「おもしろい物語」にすることです。読者を引き込むための生き生きとした表現を心がけましょう。
以上、「ヒーロー・ストーリー」の作り方を紹介しました。
あまりやりすぎると記事広告っぽいものになってしまうのでさじ加減が難しそうですが、こうした物語の創作能力は今後どの企業でも求められるでしょうね。試行錯誤しつつ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
多少意訳しました。元記事は以下からどうぞ。
» How to Become a Heroic Business Blogger | Copyblogger

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.