「Vis-a-Vis」「Cul-de-sac」「Per se」などの意味がわかりますか?

SPONSORED LINK


foreign_top.gif
Daily Writing Tipsのブログで「6 Foreign Expressions You Should Know」が紹介されていました。英語でよくつかわれる外国語の表現です。
全部で6つ紹介されていますが、あなたはいくつわかるでしょうか。
以下に詳しくご紹介。

  1. De Facto
  2. ラテン語で「actual」「in practice」を示します。事実上の、と覚えておくとよいでしょう。「デファクトスタンダード」(事実上の標準)などでおなじみですね。

  3. Vis-a-Vis
  4. フランス語で「Face to Face」という意味です。文字通りの「顔を突き合わせて」というよりは、「~に対して」「~に関して」という意味でよく使われます。

  5. Status quo
  6. ラテン語で「The current or existing state of affairs」を意味します。「現状」と覚えておけばよいでしょう。

  7. Cul-de-sac
  8. フランス語を話す英国貴族から来ているそうです。直訳では「bottom of sack」らしいですが、「袋小路」「行き止まり」を意味すると覚えておきましょう。

  9. Per se
  10. ラテン語で「by itself」「intrinsically」を意味します。「本質的に」「それ自体は」という意味ですね。

  11. Ad hoc
  12. これもラテン語ですね。「formed or created with a specific purposes」「for the specific purpose or situation」を意味します。「特にある問題についての」「その場限りの」といった意味になります。

教養として覚えておくとよいですね。意味はなんとなく知っていても、それが何語から来ているかまで語れればかっこよさそうですw。
原文には例文も掲載されていますよ。よろしければどうぞ。
» 6 Foreign Expressions You Should Know

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

    • Anonymous
    • June 20th, 2007

    こういうのもよくつかわれるから、英語はむずかしいです・・。
    でもいい勉強になりました~、ありがとうございました!

  1. No trackbacks yet.