ちょっとでも部屋を広く見せるために知っておきたい5つのこと

SPONSORED LINK


room_top.gif
Freshomeのブログで「5 Tips for Fooling the Eye and Making a Room Look Bigger」なる記事がありました。
部屋自体を大きくするのはお金もかかって大変ですが、部屋を「広く見せる」ためにできることはあります。
ちょっとしたコツですが知っておくと便利そうですね。
詳しくは以下からどうぞ。

  1. 部屋の色を工夫する
  2. 基本的に明るい色の方が広く見えます。逆に暗い色は部屋を狭くします。部屋の色はベージュなど明るいものがいいですよ。
    また壁に飾るものを壁より明るい色にすることによって、壁を奥の方にひっこめて見せる効果があります。こうすることによって部屋を若干広く見せることができますよ。

  3. 家具を工夫する
  4. 家具の置き方、使い方で部屋を広く見せることもできます。

    • 収納付きの家具を使ってスペースを節約しましょう。
    • 大きな家具は壁際におきましょう。部屋の真ん中に大きなスペースができるようにしましょう。
    • 人が歩く道を妨げないように家具を配置しましょう。なるべく床が見えるスペースを広くとりましょう。
    • いくつかの家具は壁と同じ色にすることによって壁に同化させてしまいましょう。
    • 斜めに家具を置くことによって部屋が広く見えることもあります。壁に沿わせて置くよりも、長い線を意識させることができるからです。試してみましょう。
    • 高い家具は避けましょう。高い家具は天井を低く見せてしまいます。
  5. 照明を工夫する
  6. なるべく太陽光をいれられるように工夫しましょう。窓の外の景色がよくない場合は、窓際に緑を置くことを検討しましょう。

  7. 整理整頓する
  8. こまごまとしたものをどけましょう。壁に小さな絵をいくつもかけるよりも、大きな絵を一つかけるようにしましょう。
    入ってきた人の視線をどこに集めるかを決め、そこを飾るようにしましょう。それ以外の部分の装飾は最小限にすることによって人の目をそこに集中させることができます。そうすると部屋がぐっと広く見えてきます。
    床の上もきれいにしておきましょう。また大きなラグを敷くことによって床を広く見せることもできます。

  9. 鏡を活用する
  10. 鏡をうまく活用すれば部屋が広く見えます。部屋の中で視線を集めるポイントを決めたら、そこを映すように鏡を配置しましょう。そうすることによって部屋に奥行きができます。
    また鏡を使えば部屋を明るくすることができるので広く見せることができます。窓の近くに配置するとよいでしょう。

以上、いくつかのTipsをご紹介しました。なお、上記以外にも個人的に気をつけていることを参考までにご紹介しておきます。

  • リビングルームでは視線より高い所に家具を置かないこと。視線より上にモノがあると圧迫感があります。
  • 間接照明を活用しましょう。夜は特にやわらかい光が必要です。間接照明は部屋の対角線上に高さを変えて配置すると広がりがでます。

他にもここに気をつけているよ、というものがあればお教えください。なお、元記事は以下からどうぞ。
» 5 Tips for Fooling the Eye and Making a Room Look Bigger

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.