ジョブボードで本当に人材がみつかるの?(ある会社の体験レポート)

SPONSORED LINK


jobboard_result_top.gif
先日、『ジョブボードを設置する際に参考になるサイト47選』を紹介しましたが、本当にジョブボードは使えるのでしょうか?
実際にジョブボードを利用したことが無ければ、実態は分かりませんよね。
そこで、いくつかのジョブボードで求人を行った会社の体験談をご紹介します。さてその会社はジョブボードで良い人材を見つけることができたでしょうか?雇えたとしたらそのコストは?
以下に詳しくその体験談をご紹介します。


今回体験談を共有してくれたのはWonderMill社。ウェブ制作会社さんです。
そして同社はジョブボードを使ってデザイナーを雇おうと思い立ちました。そこで複数のジョブボードに求人広告を掲載してみました。
その結果、なんと250人以上の応募があったそうです(単純に職を下さいというレベルから本当に質の高い人までさまざまだったそうです)。
その後、12名まで候補者を絞り、最終選考をしました。
その12名がどのジョブボードから来て、それぞれのコストがどれぐらいだったかは以下の表に詳しいです。
jobboard_result.gif
↑ 費用対効果やサイトの評価まで述べられていて、非常に興味深いです。クリックして拡大します。
結局、1名のデザイナーをその中から選びました。すでに良い仕事をしてくれており、大変満足しているとのことでした。
最終候補者を出してくれたサイトにかけたコストは1000ドル程度、最終候補者あたりのコストは100ドル程度です。驚くべき低コストで人材が獲得できていますね・・・。
また、中でも特に高く評価していたのが、デザイナーを見つけたサイト『Authentic Jobs』と、最終候補者を最も多く排出したサイト『37 Signals』でした。
元記事には、プログラマーやマーケターを募集していたら違った評価になるだろうとのことでしたが、これらのサイトのジョブボードには良い人材が集まるヒントがあるかもしれませんね。
人材獲得がますます難しくなっている今、新しい方法が求められていますよね。ここらへんにビジネスアイディアが潜んでいそうな気が・・・。
より詳しい内容は元記事をご参照ください。
» on finding a designer
■ 関連記事

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.