あなたのプレゼンを今すぐ改善させるための5つのTips

SPONSORED LINK


presen_hacks.gif
プレゼンは場数、が基本ではありますが、ちょっとしたコツでぐっとプレゼンが上手くなることもあります。
そこで今回は「5 Powerful Hacks to Immediately Improve Your Presentations」をご紹介。大事なプレゼンを控えている方は参考にされてみてはいかがでしょうか。
詳しくは以下からどうぞ。

  1. 聴衆からの質問は繰り返そう
  2. プレゼンの最後では一般的に質疑応答があります。その質疑応答でプレゼンの印象が決まることもしばしばです。
    そこで質問を受けたら「今、○○といった質問がありました。私の回答は・・・」と質問を繰り返しましょう。
    こうすることで質問者以外の人も巻き込むこともできますし、なにより回答を準備する時間を稼ぐことができます。たった数秒ですが、これが大きな違いを生むこともあるのです。

  3. 沈黙は力なり
  4. 緊張してきたら下手なことを口走らずに、一瞬黙って深呼吸をしましょう。
    深呼吸をすると聴衆に緊張していることがわかってしまうのでは・・・と心配する人もいますが、聴衆はほとんどそれに気づくことはありません。落ち着いて一呼吸入れるようにしましょう。

  5. 難しいところは書いておこう
  6. 練習していると「ここが不安・・・」というところが出てきます。
    そうした箇所をスムーズに言えるように、その部分だけ書き出しておくのも手です。すべてを書き出す必要はありませんが、一言二言、大事な台詞が手元にあるだけで安心することができます。

  7. 謝るときはご注意を
  8. 緊張すると謝りはじめる人がいます(「すみません、ちょっと緊張してしまい・・・」など)。そうした謝罪は不要です。あなたが緊張していることは、あなたがそう言うまで聴衆は気づかないものです。
    間違ったことについて謝るのはかまいませんが、緊張していることで謝ることは絶対にしてはなりません。

  9. PowerPointにごちゃごちゃ書かない
  10. プレゼンのうまい人を見ていると、スライドには数行のテキストか、イメージ画像しか使われていません。ながながと説明を書いてしまうとあなたのスピーチではなく、そちらの方に注意がいってしまいます。
    スライドを使うときはその点に注意しましょう。

多少意訳しました。詳しくは原文をどうぞ。
» 5 Powerful Hacks to Immediately Improve Your Presentations at Ririan Project
またプレゼンに関しては百式管理人のこちらも記事も参考までにどうぞ。
» プレゼンハック ~プレゼン改善のための10個の小技~

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. プレゼンテーションがすぐに良くなる強力な5つのハックと所感 (社長日記 -メビック編- (85))

    最近すっかり英語三昧です。どういう風に浸かっているかはまた書くとして情報源として…

  2. [社会]バンド演奏の3箇条 – ビジネスとバンド演奏の共通項

    私は趣味で音楽活動をしている。人前で演奏することもある。そのときに気をつけている「バンド演奏の3箇条」を説明したい。 これはバンド活動だけにあてはまるも…

  1. No trackbacks yet.