自宅をスタートレックの宇宙船に変えてしまった男

SPONSORED LINK


K45SN935LZ.jpg
この物語の主人公はTrekkie Tony Alleyneさん。ロンドンにお住まいの普通のおじさんです。
しかし彼が他の人と違ったのは自宅をスタートレックの宇宙船そっくりの内装にしてしまったこと。「やりすぎ!」と突っ込みたくなるほど、よく出来ています。
この宇宙船を作り出したきっかけは1994年にさかのぼります。奥さんを無くしたAlleyneさんはそれを忘れるために自分を忙しくする必要がありました。そのようにして彼は内装に凝り始めていったのです。そして3年前からスタートレックの内装に着手しました。
この内装の反響は大きく、Alleyneさんは今や「24世紀デザイン」というデザイン会社まで起こしてしまったほど。24世紀とは、この部屋のモデルとなった「スタートレック:ヴォイジャー」の時代ですね。
» 24th Century Design
それでは画像と共にその宇宙船をご紹介します。


star1.jpg
↑ こちらが全体像。音声認識のライトなどハイテク機器も存分に使われているそうです。
star2.jpg
↑ もともとはこんな台所でしたが・・・。
star3.jpg
↑ このように変わってしまいました。
star4.jpg
↑ こちらがAlleyneさん。コスプレまでしちゃっています。
star5.jpg
↑ トイレ。このようにピカピカだと落ち着かないですね。
他の写真もご覧になりたい方スライドショーをどうぞ!
» スライドショー
バーチャルツアーまで公開されています。この部屋を体感できますよ。
» バーチャルツアー
せっかくインテリアに凝るならば、ここまでやってみるのはいかがでしょうか。新しい人生が開ける、かも。
» Trekkie Recreates Awesome Set of Star Trek: Voyager in a Studio Apartment (via Gizmodo)

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

    • hiro
    • March 9th, 2007

    吹き出しの中のつづりが違いますよ~。
    「Bon voyage」です。

  1. No trackbacks yet.