いざという時に・・・5,000語以上の手話を映像で検索できる『Mobilesign』

SPONSORED LINK


OgoLnU0NcM.jpg
動画をうまく活用したサービスのご紹介。
この「Mobilesign」は、手話の映像を検索できるサービスです。たとえば「手話で『電話』ってどう表現するんだろう?」というような時に活躍しそうですね。手話は文字より映像で見たほうが理解しやすいので、このようなサービスは助かります。
携帯電話からの利用も可能です。映像はダウンロードもできます。日本の携帯からもダウンロードできました。
» Mobilesign
以下に旅行で使えそうな手話をご紹介。


toilet.gif
↑ こちらは「トイレ」を意味する手話です。右手の人差し指で左手の手のひらを指しています。すぐに覚えられそうですね。
station.gif
↑ これは「駅」を意味する手話です。右手をお椀の形にして上から下にかぶせるような動作ですね。
これはブリストル大学の「The Centre for Deaf Studies」という研究機関のサービスだそうです。公開されているのは英国の手話で、現在約5,000語が収められています。耳が不自由な方と作業をする人のために作成されたのだとか。
» Bristol University | News from the University | Centre for Deaf Studies
日本版があっても良さそうですね。ご利用は以下からどうぞ。
» Mobilesign

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

    • 通りがかりの聴覚障害者
    • March 19th, 2007

    動画を見てみましたが、どうやらこの手話はイギリス手話のようです。イギリスであれば、上記の手話は通用しますが、イギリス以外の国では通用しないでしょう。
     また、同じ英語圏といえど、イギリス、アメリカ、オーストラリア各国手話が違うので、興味があれば調べてみてくださいね

  1. No trackbacks yet.