6,770店舗のスターバックスをまわった男『Winter』さんの物語

SPONSORED LINK


star3.jpg
皆さんは今まで何店舗のスターバックスに行ったことがあるでしょうか?
多い人は100店舗を超えるかもしれませんね。しかし「Winter」さんにかなう人はいません。世界中のスターバックスをまわることに人生を捧げている男です。
彼は今まで北米にある6,338店舗のスターバックスをまわりました。北米以外でも432店舗のスターバックスに行ったことがあります。
なぜ彼はこのようなことを始めたのでしょうか。そしてどこに向かっているのでしょうか。以下に簡単にご紹介します。


彼は10代のころを振り返ってこういいます。「そのころの僕はただ存在していただけなんだ。なんとなく毎日を過ごしていた。人生に目標が欲しいとずっと思っていた」。
1997年のある日、そのような彼に転機が訪れます。
star1.jpg
↑ Winterさん。以前はオンラインカタログを作成する仕事をしていました。
彼はテキサスのPlanoという街にあるスターバックスでコーヒーを飲んでいました。そこでスターバックスの従業員と世間話を楽しんでいたときです。スターバックスの店舗拡大に関する話をしている時に彼は唐突にひらめきます。「そうだ、世界中のスターバックスに行ってやろう!」と。
「何かユニークなことをしたい!」と思っていた彼はそれを人生の目標にすることにしました。それから彼のスターバックス行脚がはじまります。多い日は1日で29店舗をまわったこともあるそうです。「頭がおかしいのでは?」という人もいますが、彼はこの旅をやめません。
そして、この物語はドキュメンタリーフィルムにもなりました。「Starbucking」というタイトルで2007年に公開されたばかり。ドキュメンタリーの予告編は以下からご覧になれます。

彼は世界中のスターバックスをまわるまでこの旅をやめないそうです。世界中で毎日3~4店舗が新規にオープンしていることを考えると終わりはなさそうですが、どうなるのでしょうか・・・。
star4.jpg
↑ 日本でも数多くのスターバックスをまわりました。こちらは渋谷のQFRONTにあるスターバックスですね。
彼の旅の様子は以下のサイトで詳しく紹介されています。ご興味のある方はどうぞご覧ください。
» Starbucks Everywhere
進捗がWeb上で公開されているのがいいですね。見ているとなんだか応援したくなります。ちなみにサイトでは寄付も受け付けているそうですよ。
ちょっとした思い付きを10年間も続けている根性に圧倒されますね。しかも必然性や利益がなにもない行為です。それでも、このように長年やっているといつか社会が注目してくれるのかもしれないですね。
賛否両論はあるでしょうが、生き方は自由。その自由奔放さに感銘を受けたニュースでした。

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.