2000年から2006年までのGoogleのエイプリルフールネタ一覧

SPONSORED LINK


gh00.gif
さて、明後日は4月1日、エイプリルフールですね。今年もたくさんの「嘘」が見られるのではないでしょうか。
そこで今回はGoogleの今までのエイプリルフールネタをご紹介。思わずニヤっとしてしまうネタばかりですよ。
» How Google is going fool everyone on this April Fools day? (via Just To Laugh)
2000年からGoogleはどのような嘘をついてきたのでしょうか。以下よりご覧ください。

  • Google MentalPlex (2000年)
  • ユーザーの頭の中を読む技術が登場。「検索したいもの」を読み取ってくれるので検索語を打ち込む必要がなくなります。

  • Pigeon Rank (2002年)
  • ついにGoogleがページランクの仕組みを公開。コンピューター技術に関するユーモアが数多く含まれていたそうです。

  • Google Lunar/Copernicus Center (2004年)
  • 月のリサーチセンターでの求人募集が行われました。Luna/Xというオペレーティングシステムを扱う業務だったそうです。

  • Google Gulp (2005年)
  • Google Gulpという飲み物が登場。これを飲んだ人は頭がよくなり、最適な検索ができるようになります。リアルタイムでDNAを解析し、脳の神経伝達物質の動きを最適化する仕組みだそうですよ。

  • Google Romance (2006年)
  • 「デートがうまくいかないのは自分に合う相手を『検索』できていないからです。Google Romanceを使って解決しよう!」というキャッチコピーのサービスがはじまりました。検索技術を使ってデート相手を見つけてくれるそうですよ。

ネタだけでなくネーミングも凝っていますね。ただ、2001年と2003年は何も実施しなかったようです。今年は一体どうなるのでしょうか。何かが起きるのか、そうでないのか・・・。楽しみですね。
» How Google is going fool everyone on this April Fools day? (via Just To Laugh)

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.