これだけは覚えておきたい「紳士らしく振舞うための18のルール」

SPONSORED LINK


gen5.jpg
先日先輩から「社会人になったら誰も注意してくれないから俺が注意する」といわれ、テーブルマナーを見直す機会がありました。
ちょっとしたことですが、こうしたマナーは大事ですよね。細かいことが自然にできる人が「紳士」なのだと思います。
そこで今回はこちらの「紳士のエチケット」をご紹介。全部で18項目あります。ご自身の振る舞いを振り返ってみてはいかがでしょうか。また自分のことはなかなか気づかないもの。自分がちゃんと守れているか、友人にきいてみてもいいですね。
» Etiquette Of A Gentleman (via AskMen.com)
紳士らしく振舞うためのルールとはどういったものがあるでしょうか。以下よりどうぞ。


■ 紳士のエチケット(基本編)

  1. 常に上品であれ
  2. 誰かの何らかの振る舞いに嫌悪感を抱いたとしても、それと同じレベルまで自分を下げることはありません。「自分の方が人間ができている」という風に常に振舞うように意識しましょう。

  3. 悪口を言わないようにしよう
  4. 人の悪口を言っていると「そういう風にしか自分の考えを表現できないんだ・・・」と思われます。そして何より悪口は下品で無作法なことなのです。

  5. 怒鳴らないようにしよう
  6. あなたが怒鳴ると周りの人々に不快感を与えます。そして「物事をちゃんと説明できないので怒鳴ることしかできない人なのだ」と思われてしまいます。

  7. 平常心を失わないようにしよう
  8. 落ち着きをなくすと「自分の感情をコントロールできない人だ」と思われます。そして自分をコントロールできない人は「何もコントロールできない人だ」とも思われます。常に冷静でいましょう(難しいですが努力する価値はあります)。

  9. じろじろ見ないようにしよう
  10. 誰かをじろじろ見るのは、目の暴力です。人を不安な気持ちにさせてはいけません。

  11. 話をさえぎらないようにしよう
  12. 誰かが喋っていたら、いくら口を挟みたくても最後まで待ちましょう。話をさえぎる人は社交性のない人だと思われます。

  13. 唾を吐かないようにしよう
  14. 多くの人が無意識のうちに唾を吐いています。マナー違反ですし、誰もそのようなものは見たくありません。

  15. 年上を敬おう
  16. そもそも相手が誰であれ、あなたは「自分がそうされたいように人に接する」必要があります。敢えて「年上」とつけたのは、最近の若者は「なんでも知ってるぜ」と考える傾向にあるからです。5年前のことを考えてみてください。今のあなたのほうが賢いでしょう?

  17. 他人の失敗を笑わないようにしよう
  18. 「人の失敗を笑う」というのは、もっともひどい振舞いの1つかも知れません。失敗した時に人は注目されたくありません。ましてや笑われたくないのです。

  19. 室内では帽子を取ろう
  20. 建物の中に入る時は帽子を必ず取るようにしましょう。また食卓についている間は決して帽子を被ってはいけません。

  21. 皆がそろうまで食べ始めない
  22. 皆が食卓に着くまで食事に手をつけてはいけません。些細なことのように思えるかも知れませんが、とても大切なことなのです。

■ 紳士のエチケット(女性への対応編)

  1. ドアを開けてあげよう
  2. これはもっとも基本的で、もっとも簡単なルールです。女性が車やレストラン、クラブなどに入る時は常にドアを開けてあげましょう。たくさんのドアがある時は順番に開けていくと良いでしょう。

  3. 上着を着せてあげよう
  4. 女性が上着を着るときは手伝ってあげましょう。シンプルですが大切な振舞いです。

  5. 椅子に座るのを手伝おう
  6. 女性が椅子に座る時は椅子を引いてあげましょう。そして、彼女が座るタイミングにあわせて優しく椅子を戻してあげましょう。

  7. 女性のために席を空けよう
  8. 女性に椅子がなければ自分が立ち上がりましょう。そして、彼女のために自分の席を譲りましょう。

  9. 立ち上がって挨拶をしよう
  10. 女性が部屋に入る時や、出ていく時は常に立ちましょう。ただ、最近ではこのルールは緩くなり、女性が入ってくる時に立ち、出ていく時は座ったままの場合もあります。

  11. 手を貸そう
  12. ちょっと親密さが必要ですが、エスコートする時には腕を差し出しましょう。地面が平らでない時や女性がハイヒールを履いている時にはとても大切なマナーです。

  13. 何か必要なものがないかをたずねよう
  14. イベントで女性がいれば「何か飲まれますか?」と聞くようにしましょう。「あなたのことを気遣っているのですよ」という気持ちが伝わるようにしましょう。

ちょっとしたことばかりですが、大事なことばかりですね。できるところからはじめてみるとよいのでは。個人的に「ちょっとキザかな」と思わないでもないですが、女性やほかの人の意見は違うのかもしれませんよ。
結局、こうした小さな積み重ねが「やさしい人」「礼儀正しい人」への一番の近道かもしれません。普段から気をつけていられるように、定期的にチェックしてみるといいですね。
» Etiquette Of A Gentleman (via AskMen.com)
■ 関連記事

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. これだけは覚えておきたい「紳士らしく振舞うための18のルール」

    リンク: これだけは覚えておきたい「紳士らしく振舞うための18のルール」 | P

  2. 紳士らしく振舞う

    これだけは覚えておきたい「紳士らしく振舞うための18のルール」
    POP*POPさま
    RinRin王国さま経由
    ステキステキステキ
    こうありたい…

    • 電車男
    • March 22nd, 2007

    >手を貸そう
    スルーされるから

    • March 22nd, 2007

    レディーファーストは軽々しく使うものではない
    こういうところはさすが日本人といったところか

    •  
    • March 23rd, 2007

    項目毎に断定する形で挙げる事って危険だと思うけどなぁ
    特に女性への対応編がマズイ。
    1~7全てに言える事だけど、少なからずとも信頼関係がないとただの気持ち悪い男になってしまう危険性が大きそう。
    鵜呑みにすると逆効果。ここは日本。

    •  
    • March 23rd, 2007

    海外の記事がモトだってわかってるのに、鵜呑みにする時点でろくに判断もできない男でしょう。
    情報の取捨選択は読み手がすればいいんです。書き手に強要してどうするんですか。

    •  
    • March 24th, 2007

    (女性への対応編)に関しては、キモメンの俺がやると
    そこそこ知ってる女性なら「キモッ!」とか「やめてよ」とか
    普通に言われるな。
    初対面の人なら、引きつった笑顔で「お気遣い無く」やら、
    「大丈夫ですから」とドン引きされるな、うん。

  3. これだけは覚えておき

    これだけは覚えておきたい「紳士らしく振舞うための18のルール」(POP*POPさん)
    前半の基本編は実体験に基づき反省。ごめんなさい。唾は吐かないよ。後半…

    •  
    • March 26th, 2007

    レディーファーストは・・・
    女性を毒見や身代わり人形のようにあつかうことが元になってたような

  1. No trackbacks yet.