世界各国の状況を地図で理解できる『Worldmapper』

SPONSORED LINK


mapttt.gif
これは勉強になるサイトではないでしょうか。
この「Worldmapper」では各項目別に366種類の地図が集められています。ユニークなのは項目別に国の面積が変化している点です。
たとえば、GDPの地図ではGDPが多い日本の面積が大きく、GDPが少ないアフリカは小さくなっています。このように各種の数値を可視化されると数字だけを見せられるよりも理解しやすいですね。
» Worldmapper: The world as you’ve never seen it before
ちょっと世界の概況を知りたい時に活用できそうです。受験勉強なんかに利用しても良いかも知れませんね。
下記に興味深い地図をいくつか選んでみました。


■ 2050年の人口
2050.gif
アフリカとアジアがかなり大きくなっています。2050年に世界人口は90億人を超える見込み。そのうちの62%の人はアフリカ、東アジア、南アジアの人になるそうですよ。
» 2050年の人口の地図
■ 65歳以上の人
eld.gif
こちらは65歳以上の方の人口をあらわした地図。さすがに日本は多いですね。
» 65歳以上の人の地図
■ 干ばつによる死者
dro.gif
スーダン、エチオピア、モザンビークが圧倒的に多いです。
» 干ばつによる死者の地図
mapex.gif
↑ 各項目の国別の数値はエクセルでダウンロードもできます。
他にも多くの地図がありますので、ご興味のある方は下記からどうぞ。
» Worldmapper: The world as you’ve never seen it before

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. 【Webマーケティング:注目記事】世界各国の状況を地図で理解できる『Worldmapper』(POP*POP)

    世界各国の状況を地図で理解できる『Worldmapper』(POP*POP) こ…

  1. No trackbacks yet.