「ウェブカメラ視線すれ違い問題」を解決する『See Eye 2 Eye』

SPONSORED LINK


myeyes.jpg
これはなかなか便利そう。
ウェブカメラを使っていて困るのが「なんとなく視線がすれ違ってしまう問題」です。
通常ウェブカメラはディスプレイの上などにつけるので、画面を見ながら話すと相手には下を向いた映像が送られてしまうのです。これってちょっと話しにくいです。
そこでこれを解決するために開発されたのが「See Eye 2 Eye」。簡単な仕組みですが効果的です。
» See Eye 2 Eye
下記にその仕組みを簡単にご紹介。


installing.jpg
↑ まず、Webカメラにこの装置を取り付けます。
この装置、ディスプレイに映った相手の顔を、自分のウェブカムの前面に表示してくれるというもの。相手の顔を見つつ、その奥にあるウェブカメラもまっすぐ見据えることができます。
構造としては鏡を使っているようです。潜望鏡みたいな感じですね。
using1.jpg
↑ 相手の顔をウェブカメラの前面に表示。これで目を合わせて会話ができますね。
before_after.jpg
↑ 使用前と使用後。アイコンタクトも思いのままです。
YouTubeなどでもウェブカメラで自分撮りした動画は多いですよね。これを使えば変に視線が泳ぐこともないかと。
ちなみにお値段は99ドルでこちら(↓)から買うことができます。使い方の動画もありますのでよろしければ。ウェブカムを持っている方にはちょっと便利かもですね。
» See Eye 2 Eye

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

    • too-ri-soo-girl
    • January 18th, 2007

    NOVAのカメラみたいにアームを画面中心に伸ばす奴でも充分だと思うんだけど。
    まぁ画面が四分割されちゃうので、確かに微妙に違うところを向いているんだけど、今の多くの製品よりはかなりマシですよ、あれ。

  1. No trackbacks yet.