角丸画像を瞬時に生成するGoogleの隠れAPI!

SPONSORED LINK


google.gif
これはすごい・・・Googleの隠れAPI(?)を見つけてしまった人がいます。Web 2.0系でよく使われる角丸用の部品を簡単につくることができちゃいます。
» Zach’s Journal – google’s own cornershop
例えば、Google グループのページの丸角は下記のURLで生成されています。

http://groups-beta.google.com/groups/roundedcorners?c=999999&bc=white&w=4&h=4&a=tr

生成される画像は以下。

そしてご推測のとおり、パラメーターをいじることができちゃいます。たとえば下記のような画像を自由自在です。







以下、パラメーターの詳細です。

  • c:色を指定します。色の名前(aqua, black, blue, fuchsia, gray, green, lime, maroon, navy, olive, purple, red, silver, teal, white, and yellow)か、#を抜いたRGB/RRGGBB形式で指定します。
  • bc:背景色です。cと同じ形式で色を入力します。このパラメーターを省くと透明になります。
  • h:高さです。単位はピクセルでデフォルトは8です(パラメーターを省いた場合)。
  • w:横幅です。同じく単位はピクセルでデフォルトは8です。
  • a:コーナーをどこに向けるか指定します。「tl」は上左、「tr」は上右、「bl」は下左、「br」は下の右です。

上記の方法で丸角の画像を生成し、それを保存すればすぐにサイトに活用できますね。なかなか便利なのでは・・・。
そういえばAmazonにも隠れAPIありましたね・・・。こちらも一応ご紹介。汎用性は低いですが・・・。
» Abusing Amazon Images
Googleのこうした隠れAPIはもっとあるかもしれませんね・・・。
» Zach’s Journal – google’s own cornershop
■ 関連記事

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. これをAPIと呼ぶのはまずいよなあ…

    角丸画像を瞬時に生成するGoogleの隠れAPI! http://www.popxpop.com/archives/2006/12/google_4.ht

  2. Amazonの画像加工について(まとめ)

    過去の記事の総まとめ。
    Amazonでは、非公認のAPI(画像URLのパラメータ)で画像を回転/ぼかし/シャープ/切り取り/マスク/英文の文字入れなどが…

  3. 隠れAPI・・・

    「Googleの角丸画像生成の隠し APIを発見」というエントリ。 大まかに言…

  4. グーグルの隠しAPIだって。

    グーグルが、角丸の画像を作るAPIを密かに公開しているそうです。 http://groups-beta.google.com/groups/rounde

  5. とても便利そうなので、インターフェースを付けて見ました。

  1. No trackbacks yet.