Googleの2007年は!?新サービス7大予想!

SPONSORED LINK


google.gif
2006年、Googleは実に多くのサービスを提供してくれました(こちらとか参照)。そこで今回はGoogleの2007年を予測する記事をご紹介。はてさて、来年はどうなるのやら・・・。
» Google Predictions, 2007 | Googling Google | ZDNet.com
では下記にご紹介。


■ 2006年と比べて数は少ないが、より魅力的なサービスが登場
まずは方向性の話しですね。Googleの検索製品担当副社長がTIME誌の取材で「我々は少数で際立ったサービスを提供する必要がある」と答えていました。2006年のサービスラッシュから方向転換するかもしれませんね。
■ GDriveがスタート
Googleは既にメールやカレンダー、表計算などウェブベースでのサービスを数多く提供しています。あとはそれらのデータを管理できるデスクトップクライアントとストレージさえあれば完璧になるでしょう。そう考えるとGDriveが出てくるのも時間の問題かと・・・。
先日Sambaの主席開発者を引き抜いたのもその動きの一環なのかも。
■ Google TVがスタート
Google関係者によるレポート(pdf)に記されていた、「音声認識によるテレビ番組解析」のアイデアは印象的でした。ついにAdWordsなどがテレビに進出でしょうか・・・。
またエリック・シュミットは「テレビに興味がある」と名言しており、AppleのiTVにも興味を示しているようです。
Google アプリ 独自ドメイン向けの企業版がスタート
既に提供されているサービスですが、企業版としていくつか新しいサービスがはじまります。たとえば7日間24時間電話サポートが提供されます。加えてAPIも公開され各社は自社のデータを望むままに管理できるようになります。
■ GoogleとNASAの提携が実を結ぶ
たとえばGoogle Earthに新しい機能がつくかも知れません。あるいは火星や月をGoogle Earthのようなインターフェイスで見ることができるようになるかも。天気や気候の情報提供がスタートする可能性もありますね。
■ 「Medical Scrapbook」をリリース
Connecting Americans to their HealthcareカンファレンスでGoogle副社長のAdam Bosworthさんが語ったところによると、Googleは「Health URL」というものに興味を抱いているそうです。
それを利用すれば患者さんが病院や医者の情報を共有したり、自分の病歴などを管理することができるようになるというアイデアです。高齢化社会日本では、かなりの需要はありそうですね・・・。
■ 「Google Checkout」が国際的に広まる
PayPalと完全に競合するこのサービス、2007年にはアメリカ以外にも利用者を広げていくことでしょう。日本でも普及すればさらにロングテールが加速されるのかもしれませんね・・・(そしてさらに検索の重要性が増す、と)。
以上、7つの予測をご紹介しました。このように未来を予測するというのは、時代を読む練習になるのかも知れません。Googleに限らず、年始にむけて未来予測に挑戦されてみては?(そしてブログに書くのもいいかもしれないですね)。
はてさて、Googleの2007年はどうなるのでしょうか。来年末にこの記事を振り返ってみたいですね。
■ 関連記事

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

  1. 9870987

  1. No trackbacks yet.