次世代潜水艦「ドルフィンサブマリン」の登場

SPONSORED LINK


8u8fIkteh1.jpg
昔、「イルカに乗った少年」という歌がありましたが、とうとう「イルカに入った少年」が登場しました。
水族館でイルカを見ると「気持ちよさそうに泳いでいるなぁ」と感じますが、その気持ちよさを体感できるかも知れない潜水艦のご紹介。カッコイイ!
Two-dolphins-on-t_550x413.jpg
↑ 水面上では時速30マイル。水面下では時速20マイルほどで進みます。


Snorkel_550x413.jpg
↑ この尾ひれのようなシュノーケルで空気を取り込み、エンジンやコックピットに送ります。
SeaBreacher2_547x387.jpg
↑ 現状では水面下に15秒ほど潜れるようです。
interior4_324x480.jpg
↑ ボディの素材は、ファイバーグラスとKEVLAR繊維というものを使っているとのこと。
Dive2_550x364.jpg
↑ 潜水艦と違い、沈むために重りは使いません。推進力と比翼を変えることにより潜ります。
製造しているのはこちらの「インナースペース」社です。
» innespace.com
乗り心地はどうなんでしょう。観光地のスワンボートのように乗れるようになるといいですね。
■ 関連記事
» 動物乗り物 (InneSpace.com) | 100SHIKI.COM

ツイッターもやっています!

フォローはお気軽に!@taguchiまでどうぞ!

SPONSORED LINK

    • too-ri-soo-girl
    • November 25th, 2006

    > KEVLAR繊維というもの
    ただのケプラーとは違うのかな?
    妙にもってまわった言い回しなので気になって聞いてみる。
    (ケプラー(繊維)じたいは珍しいものではないですし。ファイバーグラスと同じく)

  1. No trackbacks yet.